日々のことを淡々と。でも時々毒吐くかも。フォントサイズ(小)推奨ですのよ。トラックバックして頂いたら、コメントを残して下さいね。じゃなかったら、消しちゃうぞ!    
by hmainkaabi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ミナミからきました

YAMAZAKI MASAYOSHI 10th Anniversary LIVE [ARENA 2005]
@大阪城ホール

おお~。そうきたか!
山崎さん、男前です。
前日はフィッシュマンズのLIVEだったので、二日酔いとかしてないか?ってちょっと心配だったけど(いらん心配)スッキリと声もすっごい出てはりました。
私は、エレキの音に弱いようです。
ギューーーーーンって、弾きだすとゾクゾクしてしまう。
音が厚いです。声が熱いです。






アリーナ15列目真中へんという、くじ運のない私にしては、良席。
ステージには、深紅の幕がかかっていました。
客電が落ちると、山崎さんの声が響いてきました。
昔飼っていた犬の話。

ラッキーという名のシェパードを飼っていたのだけど、その犬は最後まで片方の耳が立たなかったそうです。
これが、本当のアンラッキー・・・・・・。

そして幕が上がり、ステージには20人の黒服が。
そう、今回はストリングス。
そして指揮は服部隆之さん。
斜めに傾いた大きな額があるセット。
その中にストリングスの皆さんが納まって、絵になるというようなステージ。
ストリングスの皆さんは、高い位置にいるので、どうしても目立っています。
山崎まさよし登場。
黒いシャツに黒いパンツ(ダブルタックなのか?かなりゆったり)靴は見えなかった。
ボタンを2つほど外して。
とても大人ないでたち。
TTTの時もアダルティではあったけど、今回は、シックなかんじ。
でも、髪の毛はすでにかなり膨らんでおり、曲が進むにつれて、もっと膨れることに。
私にとっての服部隆之さんと言えばオケピ!での指揮。
川平慈英さんが踊りだしそうな気がして・・・・。
曲順とか覚えておりません。ストリングスは入ることによって、曲というのは変わるもんだと。
そしてアレンジの素晴らしさ。今回のアレンジは服部隆之さんによるものなんだろうか。
ミナミからきました
というMC。オーディエンスにはその意味が理解できず、すべる。すべる。
初め、オーディエンスの温度が低めなのか、さぐっているのか、リアクションが少なく、山崎さんもつかみようが無いってかんじで。
みなさんの反応でボタンが外れていきます・・・・みたいなことを言っていた。
唄いはじめ、あれ?音外した?と思ったが、立てなおし2曲ほど唄う。
このままこんな感じで進むのかなぁ~。ちょっとキツイかも・・・と思ってたら、ボーズお二人登場で、少しニンマリ。振り向かないとか僕と君の最大公約数とかあまり聞いたことがない曲がありました。メージャーなワンモア僕ここには曲始まりにも拍手が入る。他の曲には入らない。これってどーーよ?
標高高い系の水のない水槽やわらかい月といった曲が、重厚に唄われていた。
MCは、本当になにも考えていなかったようで(いつもだけど)考えてる時間長し。

一度、幕がおりて開いたら、山崎氏のアパートという小芝居に。
Tシャツとジーンズ。
お酒を飲みつつギターを弾いて、唄うよっていうシチュエーションで。
ボーズ2人と。ストリングスと違って、とてもリラックッス。
山崎さんが、本当に楽しい時にするあの口元が、やっと出た。
ストリングスでは、そこまでいかなかったから。
時間ですってことで、ドリフの全員集合の撤収みたく、ハケル。幕。

幕が上がると、中央に深深とお辞儀をした山崎さんが。
白の衿シャツにジーンズ姿。
ピアノで8月のクリスマス

大阪でのライブは、今年は今日で最後だと思います。
ちょっと早いですけど、良いお年を。


ほんまにちょっと早いです。(笑)
たまにはこんなライブもいいですね。
[PR]
by hmainkaabi | 2005-11-28 23:59 | 山崎まさよし